小樽文学館

企画展・特別展

次の展示 過去の展示

特別展「生誕100年 詩人・河邨文一郎展」

小樽出身で、北海道を代表する詩人、河邨文一郎(1917~2004)の生誕100年記念展。卓越した整形外科医として、また福祉活動家としても国際的に貢献した生涯を多数の著作や資料で紹介。札幌オリンピックのテーマソングとして広く愛好された「虹と雪のバラード」(河邨文一郎作詞)関連資料も多数展示します。

 

会期:2017年4月15日(土)~6月11日(日)

休館日:月曜日、5月2日(火)・9日(火)~11日(木)
入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料

※身体障がい者手帳、精神障がい者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方とその介助者は無料で御覧いただけます。

 

関連事業

特別展記念講演会「河邨文一郎氏の人と芸術」

河邨文一郎外伝    講師:萩原 貢氏(詩人)

河邨文一郎と金子光晴 講師:暮尾 淳氏(詩人)

 

日時:2017年4月15日(土) 午前10時30分~午後12時

場所:文学館1階研修室
聴講無料

 

特別展記念「河邨文一郎詩文朗読会」

第一部「セピアの風景」

朗読:簪組(宮野入恵美子氏、山内紀子氏、田中瑞枝氏)

第二部「物質の真昼」

朗読:熊谷ユリヤ氏(詩人・札幌大学教授)

日時:2017年5月21日(日) 午後2時~3時30分

場所:文学館展示室
要入館料