小樽文学館

次の展示

次の展示 過去の展示

ミニ企画展「 歌人・尾崎左永子展─『さるびあ街』から『薔薇断章』へ」展


会期:2020年11月7日(土)~12月27日(日)

休館日:月曜日(23日を除く)、11/24(火)・25(水)

入館無料

*企画展示「北海道百年記念塔展」(11月29日まで)、常設展示をご覧になる場合は入館料がかかります。

主 催 市立小樽文学館(〒047-0031 小樽市色内1-9-5 tel.fax.0134-32-2388)

 

尾崎左永子(おざき さえこ)1927年11月5日 – 歌人・作家 東京生まれ。1954年、『短歌研究』第2回五十首詠に入選(中井英夫選。特選は寺山修司。第1回特選が中城ふみ子)。1957年、松田さえこ名義で第一歌集『さるびあ街』を上梓。写実を基本とし、戦後に意志的に生きる女性の都市詠として評価された。中城ふみ子と『凍土』を創刊した歌人・山名康郎と親交あり、北海道の歌人としばしば交流した。歌人のかたわら放送作家・古典研究家・エッセイストとしても活動。歌集に『夕霧峠』(第33回迢空賞)など多数。2016年『薔薇断章』で第31回詩歌文学館賞受賞。『短歌研究』『短歌』等の編集長を務めた中井英夫と長年の交流があり、中井英夫の小説『虚無への供物』のヒロイン・奈々村久生のモデルでもある。代表的著作や中井英夫との交流を示す書簡などを展示。 戦争に失ひしもののひとつにてリボンの長き麦藁帽子(『さるびあ街』より) 帆走するヨットの群が海光にまぎれゆきつつ冬日眩しも(『薔薇断章』より)