小樽文学館

次の展示

次の展示 過去の展示

企画展「相沢康夫 創作玩具展」

相沢康夫(あいざわ・やすお)氏は静岡出身のおもちゃデザイナー。独創的で美しい積み木作品はスイス・ネフ社などで商品化。子供や大人を対象にしたパフォーマンス、講演などさまざまな活動をおこなっている。ミニコミ紙を中心にエッセイ執筆も数多い。主な著作に『おもちゃの王様』(2003)、『ひらめきスイッチ』(2017)他。それらを通し、人には品格と呼ばれるような「白」い要素、ねたみなど「黒」い要素、無意味のような「バカ」な要素があるが、玩具にもこの3つの要素が必要と説く。その考えが作者の「白」い作品、「黒い・バカ」な作品、また世界各地から集めたコレクションと、会場の数々の文章であらわされる。玩具とことばのコラボレーション。

協力:Hands on Toy’s キンダーリープ

 

 

会期:2018年4月28日(土)~5月27日(日)

※4月28日(土)は午後8時まで開館

休館日:月曜日(4月30日を除く)、5月1日(火)・2日(水)・8日(火)~10日(木)
入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料
※身体障がい者手帳、精神障がい者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方とその介助者は無料で御覧いただけます。

 

関連事業

相沢康夫ギャラリートーク

2018年4月28日(土)午後6時~7時30分

講師:相沢康夫氏
場所:企画展示室
要入館料

開館40周年記念企画展「亀井秀雄の仕事と、これからの文学館」

亀井秀雄氏は群馬県出身。北海道大学教授を務め、日本近代文学研究者として国際的に評価される画期的業績を残した。約15年にわたり小樽文学館長として身近な地域から海外に及ぶ開かれた活動を提唱し、実施した。専門領域から文学館活動まで亀井氏の業績を振りかえり、氏の示した未来の文学館像を紹介する。

 

会期:2018年6月2日(土)~7月29日(日)

休館日:月曜日(7月16日を除く)、7月17日(火)・18日(水)

入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料

※身体障がい者手帳、精神障がい者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方とその介助者は無料で御覧いただけます。

企画展「怪奇幻想文学館 古典から現代文学・都市伝説まで」

日本近世から現代に至るまで庶民の読物、芸能、文学、美術に描かれ、民俗学でも研究調査されたさまざまな怪異、幻想を紹介し、その源流を探っていく。

 

 

会期:2018年8月4日(土)~9月7日(金)

休館日:月曜日

入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料
※身体障がい者手帳、精神障がい者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方とその介助者は無料で御覧いただけます。

企画展「あのころの小樽展・番外編『小樽・まち文化博覧会 商店街・タウン誌・市場・銭湯・アラカルト』」

小樽の商店街・タウン誌・百貨店・市場・銭湯などのチラシ・パッケージ・マップ・出版物の展示を通し、街の変遷と人々の生活・コミュニケーションのあり方の変化を示しながら、小樽の個性を考える。

協力・まち文化研究所

 

 

会期:2018年9月11日(火)~10月28日(日)

休館日:月曜日

入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料

※身体障がい者手帳、精神障がい者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方とその介助者は無料で御覧いただけます。

開館40周年記念特別展「小田觀螢と小樽の短歌」

小田觀螢(おだ・かんけい)は明治19年岩手県生まれ。北海道に移住し、太田水穂(おおた・みずほ)主宰する『潮音(ちょうおん)』の有力歌人となった。昭和5年『新墾(にいはり)』を創刊。『原始林』と並ぶ北海道を代表する歌誌・結社に育てました。大正14年より昭和21年まで庁立小樽中学校教員を務め、多くの人々に影響を与えました。小田觀螢を中心に、小樽・北海道の短歌の歴史を俯瞰します。

 

会期:2018年11月3日(土)~2019年1月6日(日)

休館日:月曜日(12月24日を除く)、11月6日(火)・27日(火)、12月29日~1月3日

入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料

※身体障がい者手帳、精神障がい者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方とその介助者は無料で御覧いただけます。

企画展「守分寿男全仕事 『幻の町』・小樽・小林多喜二」

守分寿男(もりわけ・としお)は北海道放送(HBC)に所属していたテレビディレクター・プロデューサー。1934年大分県生まれ。9歳で北海道に渡り、砂川市に住む。小樽商科大学卒業後、HBC入社。「東芝日曜劇場」を中心に数々のテレビドラマを演出・プロデュースした。とくに脚本家・倉本聰と組んだ佳作をつぎつぎ制作し、なかでも小樽を舞台とした「幻の町」は、伝説的名作として語り継がれる。2008年5月に放映されたドキュメンタリー「いのちの記憶~小林多喜二・二十九年の人生」の構成・演出が、生涯最後の作品となった。2010年12月27日没。

文筆家としても優れた守分寿男の仕事を通し、貴重な初期北海道民放制作のドキュメンタリー・ドラマ関連資料から、北海道の独自性を追求するテレビマンらの苦闘を伝え、彼らが制作したドラマ・映像の価値を再評価する。

 

 

会期:2019年1月12日(土)~3月31日(日)

休館日:月曜日

入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料

※身体障がい者手帳、精神障がい者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方とその介助者は無料で御覧いただけます。